暑さ対策に!夏野菜であっさりさっぱりレシピ集

summer vegetables

暑い夏の季節には、体を冷やしたり食欲を刺激したりするさっぱりとした料理が欠かせません。このブログでは、新鮮な夏野菜を使ったさっぱり料理のレシピをご紹介します。夏の食卓を涼しげに彩る、サラダ、冷製スープ、麺料理などのアイデアをお楽しみください。

目次

1. さっぱりサラダと一品料理

salad

夏の暑い日にぴったりのさっぱりとした料理といえば、サラダや一品料理です。新鮮な夏野菜を使ったさっぱりしたサラダや、手軽に作れる一品料理は、食欲をそそります。以下では、さっぱりとした味わいが楽しめるサラダと一品料理のレシピをご紹介します。

さっぱりした味わいが楽しめるサラダ

  1. きゅうりと豆腐の和えもの
    – スライスしたきゅうりと崩した豆腐をめんつゆタレで和える。
    – このさっぱりとしたサラダは、冷たいそうめんやスタミナ系のおかずと相性抜群で、夏の定番となっています。

  2. きゅうりとわかめの酢の物
    – きゅうりとわかめを酢、砂糖、醤油で和える。
    – さっぱりとした味わいの酢の物で、食欲がない時にもぴったりです。

  3. 夏野菜のなめ茸和え
    – 夏野菜の長芋とオクラを調味料に漬けて和える。
    – このサラダは白米やうどん、そばのトッピングとしても活用できます。

  4. 枝豆とモヤシの和えもの
    – 乾燥はるさめを戻してから、にんじんやきゅうりなどの野菜と和える。
    – さっぱりとした食感のある細麺の冷たいパスタのようなサラダで、食欲のない夏の日にもぴったりです。

手軽に作れるさっぱり一品料理

  1. 冷しゃぶ
    – 桃屋の「キムチの素」を使ったピリ辛味の冷しゃぶ。
    – メイン料理にもぴったりなボリュームのある一品料理です。

  2. 鶏むね肉のレモン風味チキン南蛮
    – こんがり焼き上げた鶏むね肉にレモン風味のタルタルソースをかける。
    – 鶏肉はしっとり柔らかく、さっぱりとした味わいの一品料理です。

  3. もやしとニラの旨塩だれ和え
    – もやしとニラをレンチンして旨塩だれで和える。
    – 火を使わないので手早く作れる一品料理です。

  4. 豚こま肉ともやしの炒めもの
    – 豚こま肉にもやしと小松菜を加えて旨塩だれで炒める。
    – ぱぱっと作れる絶品炒めで、ご飯がもりもり進む一品料理です。

これらのさっぱりサラダや一品料理は、夏の暑い日にぴったりのメニューです。新鮮な夏野菜を使って手軽に作れるレシピで、さっぱりとした味わいを楽しんでください。

2. 主菜になる冷製スープ

soup

暑い夏の夜にはさっぱりとした冷製スープが最適です。これらのスープは主菜としてもしっかりと食べ応えがあり、栄養豊富な一品となっています。以下には冷製スープのレシピの一部をご紹介します。

ガスパチョ

  • トマトをベースに、玉ネギとキュウリ、アボカドを加えます。
  • 切った野菜を白ワインビネガーやトマトジュースに浸けて、数日保存できます。
  • 夏の夜のメニューはもちろん、朝食にも便利です。

冷製ヴィシソワーズ

  • とろりとなめらかなスープで、洋食がメインの夏メニューにおすすめです。
  • 生クリームやバターを使用し、上品なコクを出しています。
  • 牛乳を無調整豆乳に変えれば、さらにあっさりとした味わいになります。

冬瓜の冷製スープ

  • 冬瓜はビタミンCが豊富で夏野菜として最適です。
  • 短時間で簡単に調理でき、ミキサーでなめらかにしたら牛乳と合わせます。
  • ひんやりとした味わいで、暑い夏にぴったりの一品となります。

とろろ昆布と梅干しの簡単スープ

  • 暑い夏の夜のメニューに最適な簡単なスープです。
  • とろろ昆布や梅干しなどをお椀に入れ、味つけには麺つゆのみを使用します。
  • 酸味と塩味のバランスが格別で、お酒のシメにもおすすめです。

酸辣湯

  • エアコンで体が冷えがちな夏にピリッと辛い酸辣湯がぴったりです。
  • 具だくさんで食欲がない時でも十分な満足感が得られます。
  • 酢の酸味とゴマ油の風味で食欲を刺激します。

長芋とズッキーニのみそ汁

  • 夏の夜にぴったりなのが長芋とズッキーニの組み合わせです。
  • 長芋にはスタミナ回復効果があり、夏バテ防止にも効果的です。
  • さっぱりとした野菜の食感が楽しく、おかわりしたくなる一杯となります。

これらの冷製スープは夏の夜にぴったりな主菜となります。さっぱりとした味わいで、暑い日に食欲を失うことなく栄養を摂ることができます。ぜひ試してみてください。

3. 夏野菜を使ったさっぱり麺料理

food

夏野菜を使ったさっぱりとした麺料理は、暑い夏の日にピッタリです。野菜の水分や爽やかな味わいが、さっぱりとした口当たりを作り出します。以下では、さまざまな夏野菜を活用したさっぱり麺料理のレシピをご紹介します。

3.1 冷やし中華

まずは、夏に欠かせない定番の麺料理、冷やし中華です。太めの中華麺に、キュウリやトマト、ナス、ハムなどの夏野菜をたっぷりとトッピングします。さっぱりとした醤油ベースのたれやピリ辛のドレッシングで味付けし、冷やし中華を楽しみましょう。

  • 材料:
  • 中華麺
  • キュウリ
  • トマト
  • ナス
  • ハム
  • ごま油
  • 醤油
  • ラー油
  • ごま
  • 手順:
    1. 中華麺を袋の指示通りにゆで、氷水で冷やします。
    2. キュウリ、トマト、ナスを薄切りにします。
    3. ハムも細切りにします。
    4. 冷やした中華麺を器に盛り、トッピングの野菜やハムを乗せます。
    5. 醤油、ごま油、ラー油を合わせたたれをかけ、ごまをふりかけて完成です。

3.2 ズッキーニの冷製パスタ

夏の野菜の代表、ズッキーニを使った冷製パスタは、さっぱりとした味わいが魅力です。細めのパスタに、ズッキーニやトマト、ベーコンを炒めてトッピングし、冷たいトマトソースをかけます。香り豊かなバジルやパルメザンチーズを添えれば、さらに美味しさがアップします。

  • 材料:
  • 細めのパスタ
  • ズッキーニ
  • トマト
  • ベーコン
  • トマトソース
  • バジル
  • パルメザンチーズ
  • 手順:
    1. パスタを袋の指示通りにゆで、氷水で冷やします。
    2. ズッキーニ、トマト、ベーコンを小さめに切ります。
    3. フライパンでベーコンを炒め、ズッキーニとトマトも加えてさっと炒めます。
    4. 冷やしたパスタを器に盛り、野菜とベーコンをトッピングします。
    5. トマトソースをかけ、バジルとパルメザンチーズを添えて完成です。

3.3 冷やしトマトうどん

夏にぴったりのさっぱりとした麺料理、冷やしトマトうどんです。トマトのさわやかな酸味と、冷たいうどんが絶妙にマッチしています。トッピングには、きゅうりや大葉を使うとさらに爽やかな味わいが楽しめます。

  • 材料:
  • 冷やしうどん
  • トマト
  • きゅうり
  • 大葉
  • かつお節
  • だし醤油
  • 手順:
    1. 冷やしうどんを袋の指示通りにゆで、氷水で冷やします。
    2. トマト、きゅうり、大葉を食べやすい大きさに切ります。
    3. 冷やしたうどんを器に盛り、トッピングの野菜とかつお節を乗せます。
    4. だし醤油をかけて完成です。

これらのさっぱり麺料理は、夏の食欲をそそる一品です。ぜひ、暑い夏の日に試してみてください。

[参考文献]
– 「暑い夏におすすめのさっぱり&スタミナ料理」, クラシル, Accessed July 21, 2021, https://kurashiru.com/themes/426

4. 夏にぴったりのさっぱり丼もの

food

夏の夜には、さっぱりとした丼ものが食べたくなりますよね。暑さを感じると食欲が落ちることもあるので、軽くてさっぱりとした丼ものがおすすめです。以下に、夏にぴったりのさっぱり丼もののレシピをご紹介します。

冷やしトマト丼

材料:トマト、きゅうり、ごはん、醤油、ごま油、焼き鮭

  1. トマトときゅうりを薄切りにします。
  2. ごはんをボウルに盛り、上にトマトときゅうりを並べます。
  3. 焼き鮭を軽くほぐして丼にのせます。
  4. 醤油とごま油をかけて完成です。

冷やし豚丼

材料:ごはん、豚しゃぶ、きゅうり、大葉、醤油、ごま油、おろし生姜

  1. 豚しゃぶを湯で下茹でして水で冷やします。
  2. ごはんをボウルに盛り、上に豚しゃぶを並べます。
  3. きゅうりと大葉を薄切りにして丼にのせます。
  4. 醤油とごま油、おろし生姜をかけて完成です。

ほうれん草と鮭のおかか丼

材料:ごはん、ほうれん草、焼き鮭、おかか、醤油、ごま油

  1. ほうれん草を茹でて水で冷やし、水気を絞ります。
  2. ごはんをボウルに盛り、上にほうれん草と焼き鮭を並べます。
  3. おかかをふりかけて、醤油とごま油をかけて完成です。

これらの丼ものは、ごはんの上に具材をのせるだけで簡単に作れます。さっぱりとした味わいで、夏の夜にぴったりです。ぜひ試してみてください。

5. 暑い夏に喉でも冷やせるドリンク

drinks

夏の暑い日には、さっぱりとした冷たいドリンクが欲しくなりますよね。喉も冷やしながら美味しく楽しめるドリンクレシピをご紹介します。

1. ウーロン茶でリフレッシュ

ウーロン茶は、ほろ苦い味わいが特徴のお茶です。冷たく冷やして飲むことで、さっぱりとした口当たりになります。喉の渇きを癒しながら、リフレッシュ効果も期待できます。

2. フルーツを使ったフレッシュジュース

暑い夏には、フルーツを使ったフレッシュジュースがおすすめです。新鮮なフルーツをジューサーやミキサーで搾って作ることで、果実の甘みや酸味がしっかりと感じられます。例えば、オレンジやグレープフルーツ、メロンなどを使ったジュースは、ビタミンCもたっぷり摂ることができます。

3. アイスコーヒーでスッキリ爽快

アイスコーヒーは、暑い夏に最適なドリンクです。コーヒー豆を挽いて淹れたコーヒーを冷やし、氷を加えて楽しむことができます。カフェインの刺激で目を覚まし、スッキリとした爽快感が味わえます。

4. ハーブティーでリラックス

ハーブティーも暑い夏におすすめです。ドライハーブをお湯で煮出して作ることができます。例えば、ミントやレモンバーム、ラベンダーなどのハーブを使ったティーは、リラックス効果があります。冷やして飲むことで、さらに爽快感を味わうことができます。

以上が、暑い夏に喉でも冷やせるドリンクのご紹介です。ぜひ、これらのドリンクを試してみて、夏の熱い日にひんやりとした一息を楽しんでください。

まとめ

夏の暑い日に楽しめるさっぱりとした料理やドリンクについてご紹介しました。サラダや冷製スープ、さっぱり麺、丼ものなど、様々なジャンルの夏向けメニューをご紹介しました。また、ウーロン茶やフルーツジュース、アイスコーヒー、ハーブティーなどの冷たく爽快なドリンクも紹介しました。これらの料理やドリンクを活用することで、暑い夏でも美味しく栄養も摂れ、リフレッシュできると思います。ぜひ、お試しください。

よくある質問

さっぱりサラダや一品料理はどのような特徴がありますか?

夏の暑い日にぴったりのさっぱりとした料理で、新鮮な夏野菜を使った軽めの料理です。食欲をそそる味わいながらも、さっぱりしているのが特徴です。

冷製スープはどのような特徴がありますか?

暑い夏の夜に最適な冷製スープは、主菜としても食べ応えがあり、栄養も豊富です。さっぱりとした味わいでありながら、満足感も得られます。

夏野菜を使ったさっぱり麺料理にはどのような特徴がありますか?

夏野菜の水分や爽やかな味わいが、さっぱりとした口当たりの麺料理を作り出します。暑い夏に食欲をそそる一品となっています。

夏にぴったりのさっぱり丼ものにはどのような特徴がありますか?

暑さで落ちがちな夏の食欲を刺激する、軽くてさっぱりとした丼ものです。簡単に作れるのも魅力の一つです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次