目立つチョコレート!最高のチョコ型の選び方とおすすめ商品が満載!

chocolate






目次

はじめに

バレンタインデーやクリスマス、友チョコの季節など、自分でチョコレートを作ってプレゼントする機会が多いですよね。そんなときに活躍するのがチョコ型。この記事では、ハート型をはじめとする様々なチョコ型の魅力や選び方、おすすめの商品や作り方についてご紹介していきます。

チョコ型の種類と選び方

チョコ型

チョコ型にはさまざまな種類があり、自分好みのチョコレートを作ることができます。ここでは、代表的なチョコ型の種類とそれぞれの特徴を解説していきます。

ハート型

バレンタインデーや友チョコに欠かせないのがキュートなハート型のチョコレート。丸いカーブが特徴で、口当たりが良くなるようテンパリングを丁寧に行うことがポイントです。ハート型は様々なサイズやデザインがあり、初心者から上級者まで楽しむことができます。

おすすめのハート型チョコ型として、立体的なハート形が作れる「cotta 3D チョコレートモールド」や、小ぶりなハート型が作れる「タイガークラウン チョコレート流し型」があります。どちらも口コミで好評で、フォルムや型離れの良さが評価されています。

板チョコ型

板チョコ型は、クラシックなチョコレートを作りたいときにぴったり。ミニサイズなので、ナッツやドライフルーツをトッピングしたり、デコレーションケーキの飾りにも使えます。特に、シリコン製のものは型離れが良く、簡単に扱うことができるのでおすすめです。

評判の良い板チョコ型には、「シリコン製 チョコレートプレート型」や、「リラックマ ミニ板チョコ型」があります。どちらもシリコン製で、初心者でも簡単に扱えますし、見た目も可愛く仕上がります。

キャラクター型

子どもが喜ぶキャラクター型のチョコレートも人気です。リラックマやすみっコぐらし、肉球型など、様々なデザインが揃っています。シリコン製のものは精巧なフォルムが再現できますし、耐熱性や耐久性があります。

おすすめのキャラクター型チョコ型として、「リラックマ&キイロイトリ チョコレートモールド」や、「すみっコぐらし スティック型 チョコ型」があります。どちらもシリコン製で、ディテールが美しく仕上がりますし、口コミでも評価が高いです。

100均で買えるチョコレート型

chocolate molds

チョコレート型は100均でも手に入りますが、品質やデザインには違いがあります。セリアやダイソーのシリコン型はとても手頃な価格で手に入るので、初心者の方にはおすすめです。ただし、型離れが悪かったり、デザインが平凡になってしまうこともありますので、こだわりがある方は少し費用を上乗せして高級感のあるチョコレート型を選んでください。

100均で買えるおすすめのチョコレート型には、「ダイソー シリコンハート型チョコレート型」や、「セリア リラックマ チョコレート型」があります。どちらもシリコン製で、型離れが良く、初心者にも使いやすいです。ただし、デザインはシンプルなものが多いので、個性を出したい方は他の型も検討してみてください。

チョコ型の作り方とポイント

chocolate

チョコ型を使ったチョコレートの作り方は、意外と簡単です。まず、型をきれいに洗って水気や油分を拭き取ります。次に、チョコレートを細かく刻んで湯せんで溶かし、テンパリングします。湯せんは約50〜55℃のお湯で行ってください。オーブンシートでコルネを作り、型にチョコレートを流し込みます。冷蔵庫で約1時間冷やし固めたら、型からチョコレートを取り出します。

チョコ型を使う際のポイントとしては、やはり型離れを良くするために型の水分や油分をきちんと拭き取ることが大切です。また、型から出すときはトントンとゆっくり打ちつけることで、キレイな形に仕上がります。ちなみに、チョコレートは固まると縮む性質があるため、チョコレートと型の間に隙間ができたときが完全に固まった目安になります。

おすすめのレシピ

chocolate

ここでは、ハート型や星型のチョコレートの簡単なレシピを紹介します。どちらも火を使わず、固めるだけでできるので初心者にも安心です。また、グラノーラやコーンフレークを混ぜることで、手作り感が出てザクザク感が美味しいチョコレートになります。

ハート型チョコレートのレシピ

ハート型のチョコレートは、調理時間は30〜40分(冷蔵庫で冷やし固める時間はのぞく)で作ることができます。材料は、ハート型のチョコレート型、ホワイトチョコ270g、グラノーラ100~150gが必要です。作り方は以下の通りです。

  1. ホワイトチョコを湯せんで溶かし、テンパリングします。
  2. ハート型をきれいに拭いておきます。
  3. 溶かしたチョコレートにグラノーラを混ぜ、型に流し込みます。
  4. 冷蔵庫で30分以上冷やし固め、型からハートチョコレートを取り出します。

このレシピは、バレンタインデーや友チョコにぴったりです。また、型を変えれば星型やリラックマ型のチョコレートも作ることができます。

星型チョコレートのレシピ

星型チョコレートの作り方も簡単で、調理時間は35分程度です。材料は、星型チョコレート型、普通のチョコレート150g、グラノーラ50~100gです。作り方は以下の通りです。

  1. 普通のチョコレートを湯せんで溶かし、テンパリングします。
  2. 星型をきれいに拭いておきます。
  3. 溶かしたチョコレートにグラノーラを混ぜ、型に流し込みます。
  4. 冷蔵庫で30分以上冷やし固め、型から星型チョコレートを取り出します。

このレシピはクリスマスシーズンにもぴったりで、まろやかなチョコレートの味わいがパーティー気分を盛り上げてくれます。テンパリングの際は温度調整に気をつけてください。

まとめ

チョコ型を使って自分好みのチョコレートを作るのは、楽しくて簡単です。ハート型やキャラクター型など、さまざまなチョコ型があるので、自分の好みに合わせて選んでください。また、100均で手に入るチョコ型も便利で手頃な価格なので、初心者さんにもおすすめです。ぜひ、この記事を参考に、自分だけのオリジナルチョコレートを作ってみてくださいね。


よくある質問

1. チョコ型の選び方には何を考えればいいですか?

チョコ型を選ぶ際には、自分が作りたいチョコレートの形やデザイン、使用するシーンに合った型を選ぶことが大切です。例えば、バレンタインデーにはハート型が人気ですし、子供向けにはキャラクター型がおすすめです。また、初心者の方には100均で手に入る手頃な価格のチョコ型が便利です。

2. チョコ型からの取り出し方にコツはありますか?

チョコレートを型から取り出す際には、まず型離れを良くするために型の水分や油分をきちんと拭き取ることが重要です。また、トントンとゆっくりと型を打ちつけることで、キレイな形に仕上げることができます。チョコレートは固まると縮む性質があるので、チョコレートと型の間に隙間ができたら完全に固まった目安となります。

3. 100均で手に入るチョコレート型の品質はどうですか?

100均で手に入るチョコレート型には、品質やデザインには違いがあります。セリアやダイソーのシリコン型は手頃な価格で手に入るため、初心者の方にはおすすめです。ただし、型離れが悪かったり、デザインが平凡になってしまうこともありますので、こだわりのある方は少し費用を上乗せして高級感のあるチョコレート型を選ぶことをおすすめします。

4. チョコレートの作り方を教えてください。

チョコレートの作り方は意外と簡単です。まず、型をきれいに洗って水気や油分を拭き取ります。次に、チョコレートを細かく刻んで湯せんで溶かし、テンパリングします。湯せんは約50〜55℃のお湯を使用してください。溶かしたチョコレートをコルネに流し込んだり、型に流し込んで冷蔵庫で冷やし固めます。型からチョコレートを取り出す際にはトントンとゆっくりと打ちつけることでキレイな形に仕上がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次